頭のよい子が育つ家

家族の豊かなコミュニケーションが
考える子供のを育む

家族みんなで、よくしゃべり、よく食べ、よく遊び、
そしてよく勉強する。
「頭のよい子が育つ家」とは、
いつも家族が一人ひとりの存在を感じながら、
家族同士の豊かなコミュニケーション育んでゆく住まいです。

開発者 四十万靖(しじまやすし)

私たちは、有名私立中学校に合格した子どもたちのいる、数百の家庭を調査してきました。
その結果、頭のよい子は「立派な子ども部屋」ではなく、五感が満足できる空間がある家で、のびのび生活していることを発見したのです。

四十万 靖

頭のよい子が育つ家

本棚階段

本や写真を通じたお子さんとのコミュニケーションを作り出す本棚階段。
リビングに続く階段などに本棚を組み込むことで、家族それぞれのメッセージである本や写真を家族が自然と手に取る工夫です。

ガラス黒板

表面がガラスになっているので、書いても簡単に拭き取ることができる黒板。
らくがき感覚で自由に書けるガラス黒板が、子どもの発想と表現力が培われ、豊かで活発なコミュニケーションを作り出します。

床窓

2階建て住宅の床の一部を特殊ガラス窓にした床窓。
子どもにとって、普段見られない角度からも、家の様子が見れるようになり、家族を五感で感じることができる心地よい空間が生まれます。

テレビでも続々と紹介されています!

■「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ
■「とくダネ!」(フジテレビ)
■「エチカの鏡 ココロにキクTV」(フジテレビ)
■「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ)
■「がっちりアカデミー!」(TBS)
■「SmaStation」(テレビ朝日))

私たち認定スタッフが、「頭のよ子が育つ家」をご紹介します!

「頭のよい子が育つ家」は長年の調査研究から生まれた商品です。
そのノウハウを正しくお客様に伝える為に、私たちはスペース・オブ・ファイブ社の正規研修を受け、
さらに認定テストに合格してライセンスを受けております。

頭のよい子が育つ家について、さらに詳しい情報はこちら!

四十万未来研

四十万靖と建てる家

Page TOP